コバナシ//明快に面白い! シュールはなし! 爆笑・お笑い・ショートショート・ジョーク短編集
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2007/07/13 (Fri) 桜は見ていた

500ピース 満開の三春滝桜 75-256――桜は見ていた。人々の営みを。

そよ風に乗ってその桜の種が、小さな町の丘の上のお寺の境内に降り立ったのはおよそ百年前。それ以来その桜はその丘から町の風景、そして人々の営みを見続けることになる。

――桜は見ていた。人々の恐怖を。

第二次世界大戦、町は米軍の空襲によって焦土と化した。その桜のすぐ近くにも爆弾によって大きな穴が開けられたが、その桜は運良く難を逃れることが出来た。

――桜は見ていた。人々の力強さを。

戦後、何もない状態からの出発となった町の人々にとって、丘の上に奇跡的に咲く、その桜は大きな希望となった。人々はその桜の力強さを心の支えにして町の復興に力を尽くした。

――桜は見ていた。人々の欲望を。

バブル景気。人々は何かに駆り立てられるようにお金を求めた。土地が金を生むという神話は町の様相を大きく変えてしまった。そしてその矛先は桜の咲く丘にも向けられた。桜を切って高級マンションを立てようとの計画が持ち上がっていた。

――桜は見ていた。人々の優しさを。

町の人々は立ち上がった。その昔、その桜が人々の大きな心の支えになったということを忘れていはいなかったのだ。心ある人々が桜を地上げから守るために戦った。そのうちバブルは弾け、計画自体がなくなった。町の人々は勝ったのだ。

――桜は見ていた。人々の心の移り変わりを。

老いた桜は昔のように美しい花を咲かすことは無くなっていた。人々の興味は桜から失われていった。そしてバブル景気に続く新たな好景気。再びその桜を切り倒そうという計画が持ち上がった。しかしすでにこれに反対する人々は居なかった。

チェーンソウは唸りを上げて太い幹を切断する。幹はメシメシを音を立てて倒されていく。町の人々は一応同情をもってその桜の最後を見守った。

ドスンという激しい音を立てて桜の木が地面に倒された。するとその幹の切断面からコロンと白い丸いバスケットボール大の玉が二つ、転がり出てきた。よく見ろと黒い大きな丸い点がついていた。人々はそれを見ると仰天した。それはなんと巨大な目玉だったのだ。腰を抜かすもの、悲鳴を上げて逃げ出すもの、祈りだすもの、とにかく人々は慌てふためいていた。

――桜は考えていた。根っこを掘り返すともっと仰天するだろうな、こいつら。

ショートショート | trackback(0) | comment(0) |


2007/07/13 (Fri) 旅のシャワーの思い出

ウノフク Ed Kruger アルミニウムアタッシュケース(25-5007) S 「一人旅って本当に大変よ、
特に外国。
日本だとホテルで普通にシャワーが出るじゃない。
でも外国だと違うのね。
私が最初に止まったホテル、お湯の蛇口を捻っても、シャワーが出てこなかったのよ。
でもね、そんなのはいいほうなのよ。
二つ目のホテル。お湯の蛇口を捻ったら水が出てきたのよ。
私カゼ引いちゃうかと思っちゃった。
でもそんなのまだいいほうよ。
三つ目のホテル。お湯の蛇口を捻ったらサビ水が出てきたのよ。
口の中に入っちゃったわよ。
でもね、そんなのはいいほうよ。
四つ目のホテル。お湯の蛇口を捻ったら、カーテンが開いて男が出てきたのよ。
私死んじゃうかと思ったわよ」

「いいからしゃべらないで!」救急隊員が叫んだ「早く輸血を!」

「男の懐からナイフが出てきたのよ……
私のお腹から血が出てきたのよ……」

(了)

ショートショート | trackback(0) | comment(0) |


2007/07/13 (Fri) OL朝の大失態

OLスター(ピンク/M) 昼下がり、二人のOLがカフェで話をしていた。
「ねえ、聞いてよ、今日とんだ恥じをかいちゃったのよ!」
「どうしたの?」
「今日ね、目覚ましがならなくて、朝起きたらギリギリの時間だったのよ、それで急いで髪といて化粧して洋服を着て家を飛び出たの」
「ええ、それで?」
「そしたら電車のなかでみんなが私をじろじろ見るのよ、わたし変だな~って思ったの」
「それでどうしたの?」
「会社についたらみんなが私を見て笑うのよ、私は「どうして笑うの?」って聞いたの。そしたら課長が後ろを見ろって言ったの」
「後ろになにがあったの?」
「後ろを見たらね、首の後ろからハンガーの柄が飛び出ていたのよ、私ったらあせって洋服からハンガーを取らずにそのまま着て会社に来ていたのよ、とんだ恥をかいちゃったわ」
 相手のOLはしばらく考えてから言った。
「会社の洋服かけの横にあったタンス、あなたの?」

(了)

ショートショート | trackback(0) | comment(0) |


2007/07/13 (Fri) 愛がほしいと少女は言った

300ピース わらびをもつ少女 300-506” 少女が言った。
「あたい、愛が欲しいの。たった一つでいいの本当の愛が欲しいの」
 女が言った。
「愛っていうのは意外と近くにあるものなのよ、あの自動販売機を御覧なさい、あそこに愛が売っているわ」
「うそよ!」
「そう思うならそうなるわね、でも信じるならそれが本当になるの。信じて行ってごらんなさい」
 少女はうなずいて自動販売機に向かった。
 しばらくして少女が戻ってきた。
「どう、愛は買えたかしら?」
「ええ、でも取り出すことができなかった」
「おかしいわね、ちょっと行ってみましょう」
 少女と女は自動販売機に向かった。
 女が自動販売機を見て言った。
「三つも同時に買うから引っかかちゃってるじゃない!」

(了)

ショートショート | trackback(0) | comment(0) |


2007/07/13 (Fri) ゴールデンハンド

ぶるぶる ゴールドハンド
ある山の中腹の小さな寺に信仰熱心な和尚が住んでいた。和尚は朝起きると近くの滝に打たれるというお勤めを日課にしていた。そしてそれが終わった後、ビールを一杯飲むのが楽しみだった。

その日も滝に打たれた後、ビールを飲むために台所に行き、冷蔵庫からビールを出し、シンクにあったコップを洗うために蛇口をひねった。するとなんと蛇口からビールが出てきたのだ。

和尚はびっくりして思わず蛇口を閉めた。そして恐る恐る再び蛇口を開けると、今度は普通の水が出てきた。

和尚は頭を叩き、まだ寝ぼけているようだと思い直した。



別の日、孫にジュースを注いでやった。孫は一口飲むとそれを全部噴出してしまった。

どうしたことかと孫に聞くと。

「苦い!」

と孫は叫んだ。

そのジュースを飲んでみると、なんとそれはワインだった。



その日の午後、久しぶりに友人と飲み会を行うことになって、飲み屋に集まった。

安い酒をしたたか飲んで大いに盛り上がった。しばらくすると尿意を催したのでトイレに向かった。

用を足しながらある考えがふと浮かんだ。

たまには高級ウイスキーでも飲みたいものだ……。

すると、なにか用を足してる部分がヒリヒリとし始めた。そしてアルコールの匂いが出してる物から漂ってきた。

そう、高級ウイスキーを放尿していたのだ。

あまりの驚きに呆然としているとすべてを出し切ってしまった。

もったいないことをしてしまった……



飲み会もお開きになり、古い友人と二人きりになり、酔い覚ましにたまたまあった屋台のラーメン屋にふと立ち寄った。

そこで、ここ最近起こっている不思議な現象について友人に話した。

友人は目を輝かせながらその話を聞いてきた。彼はお酒には目がなかったのだ。

友人は言った。

「何とかして自由に酒を出せるようにするんだ、そしたら浴びるほど酒が飲めるじゃないか!」

もちろん言われるまでもなくそんなことができればそうしたいと思った。しかし実際なかなか難しいのだ。



あるときは急須のお茶が焼酎に、あるときは風呂に入ると湯船がお茶になった。

なかなかまともな形でお酒にありつくことはできなかった。

しかしだんだんコツのようなものがわかってきたのだ。

はじめから出そうとしても何も出ない。あくまでもふと思うことが重要なのだ。つまり水に触ったと同時に何かの飲み物をふと思うとそれが出てくるのだ。そして水流を止めるとただの水に戻ってしまう。



そして数日後、とうとうその日がやってきた。

その日も朝のお勤めを終えた後、ビールを一杯飲んでその後、庭の水巻をしようと、ホースを庭の水道に差込んだ。蛇口をひねる瞬間、テレビから高級ウイスキーのCMが流れた。すると次の瞬間、なんともいえない芳しい香りがホースから漂ってきた。

そう、ホースから高級ウイスキーを庭に撒いていたのだ。

和尚は家内を呼び出し、家中の器を持ってこさせた。そしてその中に片っ端からウイスキーを注いだ。

それだけでは飽き足らず、隣近所からありったけの器を借りてきてそれにウイスキーを注いだ。家の中にある、ありとあらゆる器は、とんでもない量の高級ウイスキーで満たされた。

和尚は近所の住人や、友人たちを呼んで早速酒盛りを始めた。ウイスキーは飲んでも飲んでもなくなる量ではなく、気絶するまで飲み続けた。



朝、家内が酔いつぶれていた和尚を起こして言った。

「お勤めの時間ですよ」

和尚は飛び起きて、急いで袈裟に着替えて滝に向かった。

まだ酒が抜けきっておらず、足はふらふらだった。

滝に着いて、酔い覚ましに滝の水で顔を洗った。

そして滝に打たれた瞬間、ふとあることが頭をよぎった。

次の瞬間滝から流れる水がすべてラーメンになってしまった。

ショートショート | trackback(0) | comment(0) |


2007/07/13 (Fri) 究極タイヤ

1/24 スポーツカーシリーズ No.305 ランボルギーニ カウンタック LP400未来の話。

あるタイヤメーカーの研究員が息を切らせてある開発主任の部屋にに飛び込んできた。

「やりました、ついに絶対にパンクしないタイヤを開発しました」
開発主任言った。

「でかした!」

その開発はその開発主任肝いりで、内密に進められていたプロジェクトだったのだ。

その開発主任は意気揚々とそのパンクしないタイヤの開発を社長会議で発表した。

するとそのことにある問題があることが発覚した。

そう、そんなものを発売すればみんなタイヤを買い換えないようになるのだ!

社長はその開発主任に命じた。

「そんなタイヤはすべて破棄しろ!」

こうしてこの世紀の開発はなかったものとされた。

開発に関わった開発主任や研究者達は、地方の小さな自動車メーカーに左遷された。

社長はホット胸をなでおろした。

「これでわが社も安泰だ」


一年後、その開発主任と研究者達は、左遷された自動車メーカーで浮いて走る車を開発した。

ショートショート | trackback(0) | comment(0) |


2007/07/13 (Fri) 3007年宇宙の旅

Star Trek The Original Series / 16 Inch Starship : U.S.S. Enterprise NCC-17013007年、すでに国家などというものは意味を成していなかった。

人類はすでに銀河系を開拓し尽し、外宇宙へとその触手を伸ばそうとしていた。

その先遣隊として、日本州より選抜されたチームがあたることとなった。

そのチームの隊長のヤマダ・タロウはひとつの文章の暗記に苦心していた。

それは日本州がまだ国家だった頃に使われていた古代日本語で、世界共通言語が使われるようになったことにより、すでに数百年前に失われてしまった言語だった。

その言葉は旅の安全を祈願するために使われていた言葉らしいが意味については考古学者たちの見解は分かれていた。

天の神に対する敬愛の言葉であるとの説がもっとも有力であったが、旅立つ男が残していく女に送った愛の言葉であるとの俗説もある。

ただ発音についてはほぼ解明されていた。

日本の宇宙探索チームでは宇宙探検の前には祭壇の前で、このようなふるい言葉を使ってお祈りをささげるのが慣例となっていた。

極限まで科学が発展しているこの時代においても、そのようなふるい慣わしがまだ残っていたのだ。



          *



そして旅立ちの日。

タロウはチームを代表して祭壇の前に立って、あの言葉で神に祈りをささげた。

タロウは神妙な面持ちで言った。

「バナナはおやつですか」

ショートショート | trackback(0) | comment(0) |


2007/07/12 (Thu) 人肉焼肉店

★☆漫画のお肉☆★セラミックペーパーホルダー(陶器製)ある路地に評判の焼肉店があった。その焼肉店は、時々とてもおいしい珍しい肉を出すことで有名だった。店主の話ではその肉はラクダの肉だとのこと。

しかしその店にはある不穏な噂が立っていた。



『その肉を出す数日前には……必ず従業員が一人失踪する……』



一人の男がある疑問をもち、その肉をひそかに持ち帰り、しかるべき調査機関で調査した。

すると驚くべきことが分かった。



それはなんと牛の肉だったのだ!!



しかしただの牛ではない、とても珍しいものだったのだ。学会でも数例しかこの牛に関する報告はなかった。

その牛はアフリカの奥地に住む“クゾンミ・ウスウヨシ族”という少数民族が飼育しているらしい。

飼育には特殊な飼料配合が必要なようで、彼ら以外飼育が出来ないとのこと、なので食用にするなどというのはもってのほかだったのだ。

しかしその肉は大変美味であることが知られていた。ただ死んでから数時間ほどでその味は急速に悪くなってしまう、そのため加工しての輸出は不可能だとのことだ。

男はその事実を公表した。

店主は弁明した。

「騙したのは申し訳ない、この牛のことを知られたくなかったので
す!独自のルートでこの牛を入手しています!専用の飼料配合も教わっています!」

客としては肉がラクダでなくて牛でもそれが美味いのならそれでいい。いや、むしろ
より結構だ。

店としても別に違法は方法を使って入手しているわけではないので咎められる筋合い
ではない。

「まあ、従業員の失踪に関しては、その牛の飼料の配合がナイーブなので従業員を厳しく指導しすぎたためだ、これからはやさしくする」

と店主は反省の弁を述べた。

ちなみにその牛のことを現地では“シウイクトヒ”と呼ばれているらしい。

ショートショート | trackback(0) | comment(0) |


2007/06/14 (Thu) 小判猫

九谷焼 2.8号招猫 小判のり 黄盛 学校から帰ってきた娘は玄関で泣きながら言った。

「パパ、表にいるの……」

なんだろうと思い玄関を開けると、そこにはダンボールが置いてあった。中には子猫が入っていた。

私は娘に言った。

「動物はマンションでは飼えないって言っているだろう」

「だけど、このままだとこの子しんじゃうよ~」

娘は泣きじゃくりながら言った。

ほとんど生まれたばかりの子猫のようだ、確かにかなり衰弱している。

「……とにかくミルクを飲ませてやろう」

「うん!」

娘はうなずいて、子猫を抱えて台所に連れて行った。


その後、娘は夕食も忘れて子猫の世話をした。

妻が言った。

「ねえ、このマンションじゃ飼えないでしょ」

「そうだな……」

「一戸建てに住めたらこんな気苦労もしなくて済むのにね」

妻は住宅パンフレットをめくりながら言った。

「あと五年すれば頭金が貯まるだろう」

私はそう言ってタバコをもみ消した。

その時娘が叫んだ。

「パパ!この子何か吐き出した!」

私は言った。

「毛玉だろう」

しかしそれは毛玉ではなかった。光る小さなプレートだった。端的に言うと小さな小判だった。

「なるほど猫に小判って訳か」

と、私は言った。

妻が言った。

「おもちゃのでもでも飲み込んでいたのかしら」

「だろうね」


しかし、その現象はその日だけではなかった。

次の日も一枚、また次の日も一枚。そしてついに、小判は十枚になった。

さすがにこれはおかしい、それにこの小判おもちゃとは思えないほど良く出来ている。

私はとにかくこれが何か専門家に調べてもらうことにした。

するとびっくりすることが分かった。これは本物の金で出来ていたのだ。

つまり本物の小判だったのだ!


その後も子猫は小判を吐き続けた。

小判はすでにたいした量になっていた。

妻は言った。

「すごいわ、これだけあれば住宅の頭金には十分なるわね!」

「ああ、しかもまだまだはき続けてるぞ、頭金どころか一括だ!」


しかしそううまくは行かなかった。

子猫は一週間後に娘の懸命の看護もむなしく死んでしまった。

子猫には立派な墓を作ってやった。

墓参りを済ませ、私は言った。

「どうせならローン分全部吐き出してから死んでくれたらよかったんだけどな~」

「あなた!」妻がすごい形相で私を睨み付けた。

娘は目に涙をいっぱい貯めていた。

「じょ、冗談だよ、そんなに怒るなよ、ははは……」


娘は一週間ほどふさぎこんでいたが、次第に元気を取り戻していた。

妻は住宅のローンの契約を済ませ、ご機嫌だった。

妻は言った。

「これで何を飼っても文句は言われないわね」


新しい一戸建ての家に引っ越して三日後、娘が玄関で言った。

「パパ、表にいるの……」

「そうか、もう飼えないなんて言わないよ」

「ほんと!」

「ああ、また何か吐いてくれたらいいね」

「ええ、吐くわ!」

「なに、ほんとうか!」

「ええ!すごくおっきいのを吐くわ!すごくきれいよ、いま見せるわね」

娘はそう言ってポケットをまさぐった。

「おっきい?子猫じゃないのか」

「ええ、子猫じゃないわ」

「そりゃ結構だ」

私はほくそえんだ。

「ほらみて」

娘はそう言ってポケットから取り出した。

娘の手には特大の真珠が握られていた。

ショートショート | trackback(0) | comment(0) |


2007/06/12 (Tue) 戦場のバレンタイン

第二次世界大戦航空機 [ポスター] (-)  200X年2月14日某国国境付近 。

第3部隊が本体からはぐれてすでに10時間。その間多くの同僚が死んだ。残ったのは三人。ケビン、マリア、そして私だ。三人の疲労はすでにピークに達していた。

私は支給されていたチョコレートをポケットから取り出した。

それは小さな白い円筒状のパッケージに小さな錠剤のようなチョコレートが詰まっているものだった。われわれはそれをパッケージの色からホワイトパッケージと呼んでいた。かなりの甘さがあり、疲れているときによく兵士が口にしていた。不思議と疲れが取れるのだ。実は中に麻薬が入っているのではないかとの噂もあった。

私はそれを数粒手に取って口に放り込んだ。

それを見てケビンが言った。

「あんた、まだブラックパッケージ持ってるかい?」

私は答えた。

「持ってるさ」

ブラックパッケージとは、このチョコレートと共に一箱だけ支給されるものだ。ホワイトパッケージと同じ大きさ、同じ形状をしている。しかしパッケージの色は違って黒である。そしてもっとも違うのは中身がチョコレートではなく毒薬であるということだ。ご丁寧にチョコレートと同じ形、色で作られている。よく比べると若干黒味がかっているようだが。以前一人の兵士が拳銃自殺をして敵に居場所を察知されたのを期に支給されるようになった。つまり死にたきゃ勝手にこれで死ねというわけだ。

「おれ、それを食ったやつと話をしたんだよ、どんな味かって聞いたらビターだって答えやがった、クックックッ」

ケビンはそう言って笑った。

心身ともに疲れ果てる戦場、同僚でこれを食ったやつは少なくなかった。

「男ども、ボーっとしてないで、食料を調達する方法でも考えたら?」

マリアが言った。

男ばかりの部隊の紅一点で、且つこの隊の隊長である。

冷静な士官候補、彼女にとってはこの戦争もキャリアのひとつに過ぎないのだろう。

彼女は自分の恋人トニーがブラックパッケージを食べた時も止めよともしなかった。その原因は彼女が昇進のためにトニーを捨て、上司と付き合ったことに起因していた。彼女がこの若さで一個師団の隊長になれたのはそのおかげなのだ。

ケビンが言った。

「食料っていったって、それこそチョコレートぐらいしかないぜ」

その時三人の目の前を何かが走る抜けた。

ケビンが叫んだ。

「野うさぎだ!」

彼はそれを追いかけて捕まえようとしたが、そんなことは到底出来なかった。

彼が叫んだ。

「くそーすばしっこいウサギめ、拳銃で打ち抜いてやる!」

マリアが言った。

「ばかやめて、敵に知られるわ!何かほかに方法があるかもしれない。そうだわブラックパッケージよ!」

「ブラックパッケージがどうかしたか?」

私が聞くとマリアが答えた。

「それを撒いておけばウサギが食べるかもしれないでしょ」

ケビンが言った。

「なるほど、そうして毒で死んだウサギを食料にするってわけか。よし、もっているブラックパッケージを集めろ」

私とマリアは懐から出したブラックパッケージから中身を取り出しケビンに渡した。

「ウサギの居そうなところに撒いてくる」

ケビンはそう言って森の方に向かった。

ケビンが見えなくなるとマリアが言った。

「あなたのブラックパッケージの封、開いていたわね」

気づかれないようにしたつもりだったが、彼女は見抜いていたようだ。そう、私は何度かこれを食べようと試みたことがあるのだ。

マリアが言った。

「バカなこと考えないで」

怒ってる風でもあり、悲しんでいる風でもあった。

マリアは懐からホワイトパッケージを出して私に渡した。

「これは?」

私が聞くと彼女は言った。

「今日はバレンタインよ、忘れたかしら?」

なるほど、しかし彼女がこんなことをするなんて意外な感じがした。


ケビンはいくら待っても戻ってこなかった。

私とマリアは彼を探すことにした。

そして彼を探し当てた。しかし死体としてだった。

マリアが言った。

「敵が潜んでいるってことね、手分けして探しましょう」

「その前に言うことはないのか、同僚が死んだんだ!」

私は思わず叫んだ。

マリアは言った。

「戦場でセンチメンタルは禁物よ」

戦場で生き抜くためにはそれぐらいの図太さが必要なのだろう。しかし私にはとても耐えられそうにない。

マリアが言った。

「あなたは森の方を調べて、私はこっちを調べるわ」

私は言われたとおりに森の方に歩いた

『神様、何とかしてくれ』私は心の中で何度も祈った。

しばらく歩くと一匹の野うさぎが死んでいた。

そしてその周りにはいくつ物黒い小さな物が落ちている。

なるほど、神様からのバレンタインプレゼントって訳か。

私はそのひとつを手に取った。

すると、その時後ろから声が聞こえた。

「バカ、やめなさい!」

マリアだった。

しかし私は構わずそれを口に含んだ。

ケビンが言ったと通りだ、それはかなりのビターな味だった。

「お願い、やめて!」

マリアは悲痛な叫びをあげた。

しかし私は止めなかった。それを飲み込んだ。

胃の中に不快な感覚が広がった。

薄れていく意識のなか、マリアが私に言った。

「それ、ウサギの糞よ!」

ショートショート | trackback(0) | comment(4) |


<< back | TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。