コバナシ//明快に面白い! シュールはなし! 爆笑・お笑い・ショートショート・ジョーク短編集
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2007/06/14 (Thu) 小判猫

九谷焼 2.8号招猫 小判のり 黄盛 学校から帰ってきた娘は玄関で泣きながら言った。

「パパ、表にいるの……」

なんだろうと思い玄関を開けると、そこにはダンボールが置いてあった。中には子猫が入っていた。

私は娘に言った。

「動物はマンションでは飼えないって言っているだろう」

「だけど、このままだとこの子しんじゃうよ~」

娘は泣きじゃくりながら言った。

ほとんど生まれたばかりの子猫のようだ、確かにかなり衰弱している。

「……とにかくミルクを飲ませてやろう」

「うん!」

娘はうなずいて、子猫を抱えて台所に連れて行った。


その後、娘は夕食も忘れて子猫の世話をした。

妻が言った。

「ねえ、このマンションじゃ飼えないでしょ」

「そうだな……」

「一戸建てに住めたらこんな気苦労もしなくて済むのにね」

妻は住宅パンフレットをめくりながら言った。

「あと五年すれば頭金が貯まるだろう」

私はそう言ってタバコをもみ消した。

その時娘が叫んだ。

「パパ!この子何か吐き出した!」

私は言った。

「毛玉だろう」

しかしそれは毛玉ではなかった。光る小さなプレートだった。端的に言うと小さな小判だった。

「なるほど猫に小判って訳か」

と、私は言った。

妻が言った。

「おもちゃのでもでも飲み込んでいたのかしら」

「だろうね」


しかし、その現象はその日だけではなかった。

次の日も一枚、また次の日も一枚。そしてついに、小判は十枚になった。

さすがにこれはおかしい、それにこの小判おもちゃとは思えないほど良く出来ている。

私はとにかくこれが何か専門家に調べてもらうことにした。

するとびっくりすることが分かった。これは本物の金で出来ていたのだ。

つまり本物の小判だったのだ!


その後も子猫は小判を吐き続けた。

小判はすでにたいした量になっていた。

妻は言った。

「すごいわ、これだけあれば住宅の頭金には十分なるわね!」

「ああ、しかもまだまだはき続けてるぞ、頭金どころか一括だ!」


しかしそううまくは行かなかった。

子猫は一週間後に娘の懸命の看護もむなしく死んでしまった。

子猫には立派な墓を作ってやった。

墓参りを済ませ、私は言った。

「どうせならローン分全部吐き出してから死んでくれたらよかったんだけどな~」

「あなた!」妻がすごい形相で私を睨み付けた。

娘は目に涙をいっぱい貯めていた。

「じょ、冗談だよ、そんなに怒るなよ、ははは……」


娘は一週間ほどふさぎこんでいたが、次第に元気を取り戻していた。

妻は住宅のローンの契約を済ませ、ご機嫌だった。

妻は言った。

「これで何を飼っても文句は言われないわね」


新しい一戸建ての家に引っ越して三日後、娘が玄関で言った。

「パパ、表にいるの……」

「そうか、もう飼えないなんて言わないよ」

「ほんと!」

「ああ、また何か吐いてくれたらいいね」

「ええ、吐くわ!」

「なに、ほんとうか!」

「ええ!すごくおっきいのを吐くわ!すごくきれいよ、いま見せるわね」

娘はそう言ってポケットをまさぐった。

「おっきい?子猫じゃないのか」

「ええ、子猫じゃないわ」

「そりゃ結構だ」

私はほくそえんだ。

「ほらみて」

娘はそう言ってポケットから取り出した。

娘の手には特大の真珠が握られていた。

スポンサーサイト

ショートショート | trackback(0) | comment(0) |


<<人肉焼肉店 | TOP | 戦場のバレンタイン>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://yamakawabunko.blog108.fc2.com/tb.php/3-f081a230

| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。