コバナシ//明快に面白い! シュールはなし! 爆笑・お笑い・ショートショート・ジョーク短編集
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2008/08/22 (Fri) 最後のメッセージ

 息を切らしながら病院の廊下を走って、息子の病室の前まで来た。
 すると息子の妻がちょうど病室から出てきた。
「和子さん、息子は?」
「おかあさま、あの人はさっき亡くなりました」
 病室に入るとベッドに横たわっている息子の顔に、白い布がかけられていた。
 その近くで息子の忘れ形見のツトムが状況を理解出来ない様子で父親の姿を見ていた。
「息子の死に目にあえなんだか……」
 すると孫のツトムが言った。「おばあちゃん、お父さんどうなったの?」
 おばあちゃんは孫を抱きしめた。「お父さんはね、遠いところに行っちゃったのよ」
 和子が言った。「あの人は、死ぬ前に何か言葉を残していったのです」
「言葉? どんな言葉なの?」
「それが、たしか“ゆーういん”って感じの言葉だったと思うのですが」
「“ゆーういん”? どういう意味なの?」
「それが、わたしにもさっぱりで」
 するとツトムが言った。「それ、英語の“YOU WIN”って意味だよ。つまり君が勝者だってことなんだ」
 和子が言った。「この子、さっきからそう言い張って仕方がないのです」
「きっと、突然のことだったから混乱しているのよ」

 ツトムがそう言い張るのにはちゃんと理由があった。
 いまから30分ほど前。

 医者が和子に言った。「残念ですが意識が戻る可能性はありません。生命維持装置で呼吸をしているだけの状態です」
「そんな、どうにかならないのですか!」と、和子は医者に言った。
「全てを尽くしました。このまま生命維持装置で呼吸をさせておくことは出来ますが、旦那さんは死んだも同然なのです。このままの状態を続けることは、費用的な負担がかかるだけです」
「そんな、ではどうしろと!」
「家族の同意が得られれば、生命維持装置を止めることが出来ます」
「そんなこと、急に言われても……」
「当病院ではご家族の意思を迅速に反映するために、このスイッチをお渡しすることにしているのです」
 と、医者はいくつかのボタンのついた小型のコンソールのようなものを渡した。その装置のコードは生命維持装置に繋がっていた。
「これは何です?」と、和子は聞いた。
 医者は言った。「そのボタンは生命維持装置を停止させることが出来るボタンです。あなたの意思で装置を停止させることが出来ます」
「そんな! わたしに夫を殺せというのですか。それにこんなスイッチなんて、間違って押してしまったらどうするのです!」
「その点は心配ありません。そのような誤入力がないように、複雑なボタンの押し方をしないと作動しないように出来ています」
「複雑とはどういうことです?」
「難しいので良く覚えてください。↑↑↓↓←→AABBです」と、言い残して医者は出て行った。
 和子は途方にくれて立ち尽くした。そしてしばらくしてツトムに言った。
「お母さんはおばあちゃんに電話をしてきます。ここでおとなしく待っていて。そしてこの機械には触ってはだめよ」
 そして和子は病室を出て行った。
 カチャカチャカチャカチャカチャカチャ

(了)

スポンサーサイト

ショートショート | trackback(0) | comment(0) |


2008/08/17 (Sun) 新しいお母さん

Elegancia―Aya Sugimoto Style Book (単行本)   ツトム君にはお母さんがいなかった。
 ツトム君のお母さんは一年前に死んでしまったのだ。
 ツトム君はとてもさびしかった。お母さんのいる友達がうらやましかった。自分もお母さんがほしかった。
 そんな時、神様がツトム君の枕元に訪れていった。
「君の望みを一つだけどんなものでも叶えてやろう」
「本当ですか神様!」
「ああ、言ってみたまえ」
「だったら、お母さん、お母さんが欲しいです!」
「うむ、承知した。では、君がお母さんになって欲しい女性に『おかあさん』と声を掛けるのじゃ。さすればその人物が君の“お母さん”になる。ではさらばだ」
 と、言い残して神様は帰っていった。
 ツトム君は考えた。『お母さん』と声を掛ければその人が僕のお母さんになるのか。
 どうせなら飛びっきりの美人がいいな、芸能人みたいなのがいいな。いや、むしろ芸能人がいい!
 しかし声を掛けた人が僕のお母さんになるのだから、直接会う必要があるってことだな。しかし芸能人なんてそんなに簡単に会える訳もないな……。
 その時ツトム君はあることを思い出した。
 そうだ! 担任の先生が、セクシーアイドルの杉本彩子のお母さんが教え子だったって言ってたな、もしかしたら頼んだら会わせてくれるかも知れない。明日学校で訊いてみよう!

 次の日、その担任の先生が教室に入ってきた。
 ツトム君はすかさず手を挙げて言った。
「お母さん!」

(了)

ショートショート | trackback(0) | comment(0) |


2008/08/09 (Sat) 赤と青の選択

ヴィヴ ピッチャークリアピンク  私は選択を迫られていた。目の前にいる男は言った。
「ここに二つの麦茶のボトルがある。ひとつは青いフタ、もうひとつは赤いフタだ。青は忘却、赤は真実、青い麦茶を飲めば、君は今のままの生活を送ることが出来る。赤いフタの麦茶を飲めば、君は真実を知ることになる。さあどうするかな?」
 私は迷った末に赤いフタの麦茶を選んだ。男はその赤いフタをコップ代わりにお茶を注いで私に渡した。
 男は言った。「それを飲んだらもう戻ることは出来ないぞ、いいのか?」
 私はうなづいてその麦茶を一気に飲み込んだ。
 そして私は真実を知った。
「めんつゆだ!」

(了)

ショートショート | trackback(0) | comment(0) |


2008/08/08 (Fri) 奇跡のプレゼント

Tiffany & Co. (ティファニー) シルバー925 ラヴィングハート ペンダント 19680223 [並行輸入品]「妻が撃たれたって本当か!」と、大統領が動揺を抑えながらシークレットサービスに聞いた。
「はい、大統領。犯人は凄腕のスナイパーで、奥様は心臓を確実に狙われました」
「と、言うことは、妻は……」
「しかし奇跡的なことが起こったのです」
「奇跡的なこと?」
「はい、大統領、確か以前にペンダントを奥様にプレゼントなされましたね」
「ああ、誕生日プレゼントだ」
「実は、弾丸が心臓に届く前に、そのペンダントがその弾道軌道上に偶然にあったのです」
「なんだと、本当かね!」
「はい、奇跡的なことです」
「何てことだ、では私は彼女にとんでもない誕生日プレゼントをしたってことになるのか」
「はい。実に驚くべき出来事でした」
「彼女は以前から欲しがっていたからな、あのペンダントを。ティファニーのオープンハートを」
「はい、見事に真ん中を弾丸は貫いていきました。いや奇跡的です。あ、奥様はご愁傷様でした」

(了)

ショートショート | trackback(0) | comment(0) |


2008/08/07 (Thu) 離婚届け

ご印鑑 ご実印 楓 15mm ケース無 手彫り仕上げ黒 弁護士が言った。
「奥さん、あれほど離婚届にハンコを押してはいけないと言ったではありませんか」
「すみません、押さないようにってがんばってはいたのですが、思わず押してしまったのです」
「なぜ押してしまったのですか?」
「笑顔で言われたもので」
「笑顔で?」
「はい、『ハンコお願いします』って」
「笑顔でって、それだけでハンコを押してしまったのですか?」
「いえ、それと主人が仕事中でしたので」
「仕事中? 旦那さんの会社にハンコを押しにわざわざ行ったのですか?」
「いえ、主人が家に来たのです」
「仕事中に旦那さんが家に訪ねて来たのですか?」
「はい。それで思わず押してしまったのです。条件反射ですわね」
「条件反射?」
「はい」
「旦那さんの仕事は何なのですか?」
「宅配便の配達員です」

(了)

ショートショート | trackback(0) | comment(0) |


2008/08/05 (Tue) チャンピョンへの道

ワークアウトグローブ 10オンス 黒「放送席、放送席、ただいまから日本人初のボクシングヘビー級チャンピョンになった斉藤選手にインタビューを行ないたいと思います。斉藤選手、やりましたね!」
「はい、ありがとうございます」
「この喜びを誰に伝えたいですか?」
「はい、僕を生んでくれた両親、そして僕を育ててくれたジムの会長に伝えたいと思います」
「いま、腰に黄金に輝くチャンピョンベルトが巻かれていますね」
「はい、感無量です!」
 会場からは大きな拍手が沸き起こった。
「そのチャンピョンベルトはどこに飾るおつもりですか?」
「はい、いじめられっ子だった僕にボクシングの面白さを教えてくれたあの場所に飾りたいと思います」

 そして今、そのチャンピョンベルトは実家の自分の部屋の蛍光灯のひもの先にぶら下がっている。

(了)

ショートショート | trackback(0) | comment(0) |


2008/08/01 (Fri) 真実の鏡

ライト付拡大鏡スイングタイプ 68323 老婆が男に言った。
「この鏡は真実の人間の姿を映す鏡じゃ。心醜い物は顔も醜く。心美しき者は顔も美しく写る」
「真実ですか」と、男は言って唾をごくりと飲んだ。
「そうじゃ。この鏡を見た者の中にはショックでその後自殺した者もおる。どうじゃ、お前にこの鏡を見る勇気があるかな」と、老婆は言って、男に手鏡を向けた。
 男は目をつぶってしばらく躊躇していたが、恐る恐るその鏡を見た。
 するとそこにはこれまでに見たことのないような美しい美少年の顔があった。
 男はあまりの美しさにこれが自分の顔であるということが信じられなかった。
「信じられない、僕がこんなに美しかったなんて」
「自身を持つことじゃ。それがお前の本当の姿、心の姿じゃ」
 老婆はそういい残すと、去っていった。

 その日から男は毎朝鏡で自分の顔を見るたびに死にたい気分になった。

(了)

ショートショート | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。