コバナシ//明快に面白い! シュールはなし! 爆笑・お笑い・ショートショート・ジョーク短編集
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2007/07/13 (Fri) おっちょこちょい病

おまけのオバケはおっチョコちょい (旺文社創作児童文学) (単行本) ある日の正午、突然すべてのテレビ局の番組が中断し、厚生省大臣による緊急会見が放送された。

「厚生省研究班の調査により、きわめて感染力の高い伝染病が発生したことがわかりました。その伝染病はほんの些細な接触によっても感染し、現在の医療技術では、完治はほぼ不可能なのです。その病気は感染すると、極度のおっちょこちょいになってしまうという、きわめて厄介な病気なのです!すでに国内に数百例の発病を確認しています!」

この病気はおっちょこちょい病と名づけられた。
この会見により世間は大パニックに陥ってしまった。

もしかしたら自分がそのおっちょこちょい病にかかっているのではないかと早合点した、ただのおっちょこちょいなだけの人がおっちょこちょいにも病院に殺到し、病院は自分がおっちょこちょい病なのではと思い込んだ、ただのおっちょこちょいであふれかえってしまった。

さらに悪いことに、おっちょこちょい病にはかかっていない、ただのおっちょこちょいなだけの人を、間違っておっちょこちょい病だと診断してしまう、おっちょこちょいな医者までの存在した。

そんなことで、普段はおっちょこちょいではない人も、些細なおっちょこちょいによって、自分もおっちょこちょい病にかかったのではないかとの疑心暗鬼を生み、どんな小さなおっちょこちょいも起こさないようにしようとの気遣いが、さらにおっちょこちょいを誘うという悪循環に陥ってしまった。

そんな時、突然総理大臣によって緊急会見が放送された。

「先日厚生大臣によって発表されたおっちょこちょい病に関する情報においていくつかの間違いがあったことを発表します。まずこの病気は感染力はほとんどなく、接触だけで感染するということは有り得ません。また治療においても時間を掛けることによって完治出来ることがわかっています。そして、国内においての感染例は確認されていますが、それもわずか一例です」

このことで、この騒動は急速に鎮静化に向かった。

厚生大臣は世間を混乱させた責任を取って辞任をした。

世間は再び平穏な日々を取り戻した。


官邸を後にする元厚生大臣に総理が話しかけた。

「まさか君がおっちょこちょい病にかかっていたとはな」

「申し訳ありません、総理」

「まあ、しっかり治療しなさい」

「はい」

元厚生大臣は官邸前に用意されていた救急車に乗り込んだ。

そしてハンドルを握り、アクセルを吹かして、救急隊員を置き去りにして走り出した。

(了)

スポンサーサイト

ショートショート | trackback(0) | comment(2) |


<<見えない落書き | TOP | 千年桜>>

comment











管理人のみ閲覧OK


mixiから来ました。
こう云うお話、大っ好きです!視覚的にも、面白かったです。
「おっちょこちょい」が連発されて、だんだん読めなくなってくる。
「おっちこちょい?アレ、違う」「おってこてい?イヤ、違う」「おっぺけぺ~?あははは」

更に他の作品も読ませていただきますね。

2007/07/17 02:53 | あほわに [ 編集 ]


どうも!読んでいただきありがとうございます!
言葉だけでも笑えるって所にちょっとこだわってみました(笑)
おっぴょこぴょい!

2007/07/18 05:17 | 山川 [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://yamakawabunko.blog108.fc2.com/tb.php/18-de1f0705

| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。